未分類

コラーゲンが肌にいい理由とは?加齢とともに必要になる理由は

投稿日:

コラーゲンと言えば、肌への効果が優れている事が有名ですが、皆さんはコラーゲンがなぜ肌に良いのかを知っていますか?

理由を知らず、ネットや雑誌で良いって聞いたからなんとなく摂取している、使っているなんていう方も少なくないと思います。今回はコラーゲンが肌にいい理由について解説しようと思います。

コラーゲンと言えば、プルプルしているイメージを思い浮かべるでしょう。コラーゲンは皮脂や腱、軟骨などを構成する繊維状のたんぱく質で、ゼラチンの原料としても知られています。

コラーゲンとエラスチンが網目のように張り巡らされ肌を支えているから肌の弾力は生まれます。コラーゲンには肌を支える力があり、皮膚組織の大部分を占め、肌の本体ともいえる真皮の70%を占めると言われています。そのため、美肌を保つためにも非常に重要なのです。

しかしこのコラーゲンは加齢とともに減少してしまい、「肌に弾力がなくなった」、「肌がたるんできた」などと感じる原因となっています。こういったことから肌にはコラーゲンが大切なのです。

コラーゲンを補うためには

加齢によるコラーゲンの減少は防ぐことはできませんが、コラーゲンを補うことは可能とされています。それはコラーゲンの構成成分であるアミノ酸を摂取することです。コラーゲンを摂取してもそのまま吸収されることはなく、アミノ酸に分解されてから吸収されます。アミノ酸は必須アミノ酸と非必須アミノ酸があり、体内で作られない必須アミノ酸を積極的に摂取する必要があります。

また、コラーゲンやエラスチンが網目のように張り巡らされていると記述しましたが、ヒアルロン酸はその隙間を埋め、水分を抱え込む働きをします。しっかりしたコラーゲンの繊維、新しいヒアルロン酸、この2つによって肌にハリが生まれ、シワやたるみの改善に繋がります。

コラーゲンがあることでヒアルロン酸による土台が作られることからもわかるように、美肌作りのためにはコラーゲンが必須と言えます。

それでは化粧品での摂取についてはどうでしょうか。最近の化粧品にはコラーゲンが配合されていることも多いですが、基本的に化粧品に配合されているものは分子が大きいため、肌の角質層や真皮層に浸透することはないと言われています。

しかし、コラーゲンには高分子の膜を肌に張り、水分を保つ働きがあるため、肌表面の潤いをキープする効果はあります。また、最近は角質層まで浸透する低分子コラーゲンを配合した化粧品も増えてきています。

コラーゲン配合の化粧品で肌のハリやツヤを取り戻した、なんていうことも聞いたことあるのではないでしょうか?

それは肌が十分潤い、保湿されることで乾燥が改善したことによります。乾燥による小じわや毛穴の開きなどの肌トラブルは、コラーゲンで改善させることも期待できるのです。こういったことからコラーゲンは肌にいいと言えるでしょう。

-未分類

Copyright© アイムピンチ 口コミ情報局|27歳差の娘と姉妹に間違えられた件 , 2018 All Rights Reserved.