未分類

アイムピンチの成分は? 徹底解説!

投稿日:

主成分のセラビオ以外のピンチの成分を詳しく解説していきます。様々な美容成分が配合されている事がわかると思います。

Mareefe / Pixabay

ヒアルロン酸Na

保湿成分の代表格。水溶性の化粧品成分。体内で水分を保持する力のある物質のひとつで、ヒアルロン酸1gあたり水6リットル分を保持することができる驚異的な保水力を持っています。細胞と細胞の間に存在し、水分の保持やクッションの役割を持ち、細胞を守っています。刺激や副作用もほとんどなく、肌質を選ばず安心して使える保湿成分です。分子量は100万以上で角質層の奥までは浸透しませんが、肌表面に膜を作ることで肌のバリア機能をサポートしてくれます。年齢とともに生成量が減り、乾燥などの原因となります。

水溶性コラーゲン

豚の皮など動物の真皮を原料としており、酵素を使用し低温で溶かすことでできた、らせん構造を持つコラーゲンの水溶液です。不純物が非常に少なく、粘性が強く、コラーゲンの純度が高いことが特徴です。入っている容器をさかさまにしても垂れないほど粘性が強く、水分を保つ働きが優れています。水溶性コラーゲンを口から摂取すると、胃の中でゼラチンとなって、その後アミノ酸やペプチドとなり、腸から吸収されます。水溶性コラーゲンを皮膚に塗った場合は、皮膚の表面に薄い皮膜が作られ、水分の蒸発を防ぎ、肌の保湿効果を高めます。また、水溶性コラーゲンは界面活性剤ではなく、化粧品での用途としては保湿剤として扱われており、安全性も高いです。

加水分解水添デンプン

地球上にあるほとんどの植物に含まれている糖アルコールで、トウモロコシ由来のデンプンを分解するとできるブドウ糖、麦芽糖、デキストリンなどが混ざったものに水素を加えたものです。保湿性と抗炎症作用が高く、様々な化粧品、医薬部外品に使用されています。自然の食物から採れたものなので安全性が高く、基本的には無害ですが、デンプンにはたんぱく質が少量ではあるものの含まれているため、アレルギーがある方やアトピーの方は注意が必要です。加水分解水添デンプンには肌の保湿効果が期待できます。肌表面を保護し、水分を保持する力に優れており、紫外線に対するバリア機能もあるため肌の老化を防ぐアンチエイジング効果もあると言われています。

グリコシルトレハロース

トウモロコシデンプン由来の天然の糖質で、グルコースが結合したものです。化粧品やヘアケア製品に含まれています。この成分が配合された製品は、しっとりするのにべたつかないという特徴があります。高い保湿力を持ち、乾燥を防いで角質層を潤してくれます。バリア機能も高め、紫外線によるダメージから肌を保護し、肌荒れ予防も期待できます。

ペンチレングリコール

多価アルコールの一種で、水分を包み込む働きがある保湿剤で、使用感はサラッとしています。石油由来の化学合成成分ですが低刺激で安全性は確認されており、様々な化粧品に配合されています。優れた抗菌性も持ち併せており、表皮の雑菌を抑える効果も期待できます。肌への刺激性は低く、副作用の心配も少ない成分です。保湿剤や防腐剤として使われることが多く、パラベンの防腐剤効果を高める働きがあるため、防腐剤の配合量を少なくするために組み合わせて配合されることが多いです。

カミツレエキス

正式名はカモミラETと言います。カモミールというハーブから抽出した成分で、カモミールは抗菌、抗炎症作用があることから昔から熱病や婦人病などに使用されてきました。カミツレエキスは、紫外線を受けてもシミができにくくしてくれる美白成分で、紫外線を浴びた際に、メラニン生成の指令を運ぶ伝達物質をブロックします。そのためシミや日焼けが気になる方、美白をしたい方には非常におすすめの成分と言えます。カミツレエキスは抗炎症作用や抗菌作用の他に、収斂作用や保湿作用もあるため、ニキビケアにも使われています。保湿作用によって肌のバリア機能を高め、痒みや日焼け予防など美肌効果が期待できます。また、肌のターンオーバーを促進してくれる作用もあり、できてしまったシミの改善など肌の新陳代謝を高め、白く美しい肌を目指せます。厚生労働省認可の医薬部外品有効成分です。

トウキンセンカエキス

トウキンセンカはキク科キンセンカ属の一年草で、マリーゴールドとも呼ばれています。トウキンセンカエキスはトウキンセンカの花から抽出されたエキスで、カロチノイド、サポニン、フラボノイド、アミノ酸などを含んでおり、消炎作用、抗菌作用、清浄作用、保湿など様々な効果が期待できます。天然成分として安全性も高く副作用の心配も少ない成分です。そのため敏感肌の方でも安心して使用でき、また、抗菌作用が高いことからニキビ対策にも期待できます。保湿効果にも長けており、化粧品に含まれていることも多く、肌に潤いを与えしっとりさせます。

フユボダイジュ花エキス

シナノキ科の植物であるシナノキの花から抽出されるエキス。古くから不眠症、不安神経症などの緩和を目的に使用されており、ハーブティーの原料としても知られています。粘液質、タンニン、フラボノイドなどが多く含まれ、保湿、抗酸化作用、抗炎症作用、収斂作用、血行促進などが期待できます。化粧水や乳液などのスキンケア化粧品やシワ予防を目的としたアンチエイジング化粧品に使用されています。ハーブティーなどにも使用されていることからもわかるように、安全性も高い成分です。

ヤグルマギクエキス

ヨーロッパの山岳地帯に生育するヤグルマギクの花から抽出して得られるエキスで、アントシアン、アントシアニジン誘導体、クマリン誘導体などを含んでいます。古くから気管支炎や咳止めの薬として使われており、安全性も高い成分です。ヒアルロン酸産生を増強し、みずみずしい肌を保つ効果が期待でき、また、シワやたるみを抑える引き締め効果、あせもやニキビを予防する効果、アンチエイジング効果、皮膚を保護する効果なども期待できます。

ローマカミツレエキス

キク科の植物であるローマカミツレの花から抽出したエキスです。ハーブではカモミールと呼ばれています。フラボノイド、カマアズレン、カフェー酸などが含まれており、消炎効果、抗菌効果、皮膚代謝促進効果があり、肌荒れ予防にも有効とされています。刺激も少なく安全性も高い成分です。

オトギリソウエキス

オトギリソウ科植物のオトギリソウ、またはセイヨウオトギリソウの花や葉から抽出されるエキスです。オトギリソウはセントジョーンズワートとも呼ばれており、多年草ハーブの一種として知られています。オトギリソウエキスは精神状態を安定させる効果があることで知られており、皮膚細胞活性効果、抗炎症効果、抗菌効果なども期待できます。特に近年は、オトギリソウに含まれる有効成分であるファレロールにコラーゲン受容体の量を増加させる作用があることがわかり、注目を集めています。さらに、タンニンの働きにより、収斂作用も期待でき、毛穴を引き締め肌を整えてくれます。また、オトギリソウエキスは抗炎症作用に優れており、古くから切り傷ややけどの治療に使われてきました。オトギリソウエキスは植物エキスなので安全性が高く安心して使用できる成分と言えます。

α-アルブチン

2種類あるアルブチンの一つで、他にはβ⁻アルブチンがあります。厚生労働省にも認可されている安全性の高い美白成分です。お肌の漂白剤として使用される美白成分のハイドロキノンにブドウ糖を転移させてできた人工成分がα-アルブチンで、β⁻アルブチンの10倍以上の美白効果があると言われています。メラニン色素を合成する成分であるチロシナーゼという酵素が紫外線などにより過剰に分泌されると、メラニン色素を合成し、シミの原因を増やしてしまいます。しかし、アルブチンにはチロシナーゼの過剰な生成を抑制する働きがあり、メラニン色素の過剰な生成を抑制してくれるため、美白対策に効果が期待できるのです。

ハトムギエキス

ハトムギエキスは別名ヨクイニンとも呼ばれており、漢方でも使われている成分です。効果としては肌荒れや乾燥肌の改善、美肌効果、イボとりなどがあります。食べる美容液と称されることもあり、お茶やサプリメント、化粧品など様々なものがあります。ニキビ肌やニキビ跡の改善にも効果が期待できると言われていますが、それはグリチルリチン酸2Kという成分が配合されているからです。この成分は甘草という漢方でも使われている植物から抽出されるもので、抗炎症作用、抗アレルギー作用によって、ニキビの炎症を防いでくれます。植物由来の成分なので敏感肌でも安心して使えます。

プルーン分解物

プルーンの果肉を酵素分化した成分で、美白効果が期待されています。2010年に開発された新しい成分で、この先さらに注目を浴びる成分と言えます。プルーにはミネラルやビタミン、カリウム、葉酸、鉄分など様々な成分が含まれています。シミができる仕組みは、紫外線や炎症など肌へ刺激が加わると肌を守ろうとメラニンが生成され、このメラニンが停滞してしまうとシミになります。従来の美白化粧品はこのメラニンをいかに作り出させないかというところに重点を置いていましたが、プルーン分解物はメラニンが生成されても、肌の表皮細胞へと受け渡さないようにし、正常な肌の働きを阻害することなくシミや黒ずみを防ぐという、新しいアプローチを試みているのです。含まれているビタミンCやβカロテンには抗酸化作用もあり、活性酸素を除去し、肌のターンオーバーを促進してくれます。果物であるプルーンから得られる成分なので、安全性が高く安心して使用できます。

ハマメリス水

ハマメリス水は、アメリカ東部原産のマンサク科の植物であるハマメリスの葉や樹皮を蒸留して作られた蒸留水です。サポニンやフラボノイドなどを含んでいます。ハマメリス水は精製水の代わりに使用されることもあります。ハマメリス水には優れた収斂作用があり、肌を引き締め角質層のキメを整える効果が期待できます。また、収斂作用によって皮脂の分泌をコントロールし、ニキビなどの肌トラブルを防いでくれます。抗酸化作用、抗炎症作用もあるため、ニキビなどの炎症も抑えてくれます。保湿効果もあり、肌に潤いを与えターンオーバーを整えます。ニキビができやすい方やテカリを抑えたい方、オイリー肌の方などに特におすすめの成分です。

 

-未分類

Copyright© アイムピンチ 口コミ情報局|27歳差の娘と姉妹に間違えられた件 , 2018 All Rights Reserved.